自宅をリフォームした喜び

家も長年住んでおりますと、あちらこちらと傷んできました。
最近の家と違い、土壁、漆喰の家であるためか、夏は暑く、冬はとても寒いうえに隙間風までが家の中をふいている始末でしたので、意を決してリフォームを決めました。
先ず、玄関です。家の出入り口ですから、新しくすることで福を呼び込もうと思いました。泥棒に入られないようにと、割れにくいガラス戸を新たに選び、漆喰も塗りなおしてもらいました。そして、玄関ホールの木も新しく張り替えて、たたきのタイルも新しくしました。
親に建ててもらった家でしたが、私の代で、初めて手を入れることで、家長になったのだという思いがこみあげてきました。
太陽光発電パネルを屋根の上に乗せることは、瓦屋根の為、思いとどまりましたが、深夜電力を選んで設置もしました。自分で選べる幸せ、それがマイホームの特権でしょうか。これからも、人任せにしないで、家族で話し合って決めて行こうと、正月には息子夫婦にも言っておきました。